(123)456 7890 [email protected]

タイの寺院を訪れる時の注意と礼拝の方法

バンコクの観光と言えば、寺院めぐりは外せませんよね?都市の寺院には、毎日のように海外からたくさんの観光客が訪れます。そこはタイ人の神聖な祈りの場所です。寺院めぐりをする時は、観光客であっても失礼にならないようマナーを守りましょう。必要な項目があります。難しい事ではないのですが、露出の多い服装で行くのは禁物です。他にもお伝えしたい事が幾つかあります。ここでは、タイの寺院で守るべきエチケットと礼拝の仕方をご紹介したいと思います。

タイの寺院へ行く時に知って起きたいポイント

 タイは敬謙な仏教徒の国であり、仏教寺院は神聖な場所なので、以下のことに気をつけましょう。

・タンクトップやショートパンツのような露出の多い服で行くのは避けましょう。ある寺院は服を貸し出すところもありますが、男女共に肩や膝が隠れるなら、上はTシャツやブラウスやポロシャツなども許可されます。しかし下は長いズボンを履いた方が無難でしょう。

・メインホールに入る時は、帽子やサングラスは外してください。

・メインホールに入る時は靴を脱ぎ、仏像の前では手を合わせてください。又、日本と同様、敷居に上がらないようにしましょう。

・女性はけして僧侶に触れてはいけません。(修行を積んできた僧侶が女性に触れると、いなくなってしまうと思われているからです。)もし僧侶が近くを歩いているのを見かけたら、止まって道を譲ってください。

・仏像の方へ足を向けないでください。たとえ仏像の写真でもです。仏像または掛かっている仏像写真より高い位置に立ってはいけません。

礼拝に必要なことは?

 寺院の中には装飾品のセットがあり、香、ろうそく、花、金箔の4品がまとまって一緒にあることが、礼拝に不可欠です。

 横のほうには献金用の箱があり、自分で決めたお金を入れます。(決まった金額がない所では、多くの人々は20バーツを入れています。)冠が見えたら祭壇のほう行きます。傍にちょうちんがあるので、ろうそくに火を灯し、テーブルに立てます。仏像の前に線香と花を持って座り、祈ります。そしてテーブルの上に線香を置き、再び花を置き、再び座ります。そして仏像へ手を合わせながら3回お辞儀をします。最後に、金箔を近くにあるスプレーで濡らして仏像に貼り、手を合わせて終了です。

 仏像に金の葉がくっ付いたイメージがある時や、自分の身体の悪い部分に金の葉が付いたイメージがある時は、その部分は癒される、と言われました。又、タイ人が首から下げるPlakuluanという仏像に彫られたお守りが、境内や商店にあるので、欲しい人は購入する事ができます。

タイのスタイルでやってみよう!

 いかがでしたか?タイの寺院を訪れる時に気をつけたい項目が複数あるのです。難しい事は何もないとは言え、僧侶に対しては注意すべきで、特に女性の皆さんは気をつけましょう。又、礼拝の方法は日本とは違うので、予備知識がなければ、その場でうろたえてしまいます。しかし基本的な事を理解しているなら、タイ人のように積極的に寺院を訪れる事ができます。機会があれば、是非タイのスタイルで礼拝してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA