(123)456 7890 [email protected]

パタヤ(タイ)でお薦め25選

パタヤについて考えるとき、すぐにレディボーイやリスクのあるショー、酔っぱらった観光客のことを思い浮かべる人が多いかもしれません。それではパタヤが提供している多くのことに触れることができません。パタヤには美しい寺院やビーチがあり、非常に多くのアクティビティがあり、退屈することはありません。

パタヤには外国人が沢山住んでおり、徐々に町を変えて​​きました。それは町に富をもたらすためであり、ビジネスマンは、パタヤが休暇をとる人にとって立ち寄る楽しい場所の1つになるように、日々アピールするアトラクションを作成してきました。

その中でもパタヤでトップにあげられることをご紹介しましょう。

1.ウォーキングストリートでナイトアウェイパーティー

ウォーキングストリートで体験する光景と音には驚くはずです。他の道路は近くにありません(観光ガイドにあるにもかかわらず)。ウォーキングストリートの長さは500mで、名前が示すように、午後6時以降は車は入れません。その通りだけでなく多くの脇道には、バー、ナイトクラブ、ゴーゴーバー、レストラン、ビールバーがたくさんあります。日中の道路はほとんど人はいませんが、暗くなってくるとネオンが点灯し、大音量の音楽と女性が街を襲います。

2.ノンヌッチ熱帯植物園でリラックス

花や木の手入れが行き届いた庭園が好きな人には、静かな午後を過ごすのに最適な場所です。庭は2.4平方キロメートル、複数の世界で最も美しい花が咲いています。この庭園は良好な状態が保たれており、そのデザインで多くの賞を受賞しています。花や木だけでなく、670種以上のランや象のタレントショーも開催しています。

3.パタヤ水上マーケットを体験

タイにはさまざまな水上マーケットがありますが、パタヤの水上マーケットはちょっと違います。実際の名前は「4つの地域の水上マーケット」です。これは市場がタイの4つの地域、北、北東、南、中央に分かれているためです。市場の各セクションは、国の代表的なものを表す品物を販売しています。すべての屋台が浮かんで留まっているわけではなく、運河の周りを移動するボートもあれば、土手に横たわっている高床式のものもあります。最高の市場を体験するには、小さなボートを借りて、全部見て回ると良いでしょう。

4.アートインパラダイスでアートの一部になる

これは普通のアートギャラリーではありません。とは言え、通常のアートギャラリーの概念を取り入れてはいます。アートインパラダイスでは、錯視や巧妙なトリックがアートワークの一部になっているのです。ギャラリーは完璧に設定されており、古い橋を渡ったり、魔法の絨毯の上でデザートの上を飛んでいるかのような写真を撮ることができます。建物は10のセクションに分かれており、100を超えるアート作品があります。子供だけでなく大人にとっても非常に楽しいもので、どんなTo Doリストにも載っています。

5.リプリーのビリーブイットオアノットは驚き!

知らない人のために、リプリーのビリーブイットオアノットは博物館のチェーンで、この世界について、あなたが考えもしなかった奇妙な事実を示しているのです。この博物館には10の異なる分野があり、300以上のアイテムがあります。モーターボートを兼ねた1937ジャガーと、100万回の試みで作られたタイタニック号のレプリカがあります。特に無限の迷路で何時間も迷子になったら、1日かかる人もいます。博物館と迷路が終わっても、まだ探検できるタッソー蝋人形館と、4Dムービングシアターもあります。

6.ワットプラカオヤイの丘を登る

ワットプラカオヤイは、ビッグブッダヒルとも呼ばれ、この地域で最大の仏です。高さ18メートル、海抜約100メートルに位置しています。丘の頂上に着き、仏の隣に立つと、パタヤとジョムティエンビーチが見えます。仏像と寺院の複合施設があり、一日中香をたき、鐘がなります。寺院は今でも使われているので、僧侶や地元の人々が祈りに来ています。

7.ギボンの飛行でジップラインに行く

厳密にはパタヤではなく、パタヤとバンコクの中間にある「フライトオブザギボン」は、家族全員で楽しめるアドベンチャーです。ジャングルの美しい景色を眺めながら、存分に楽しめる所です。コースの長さは3キロメートルで、22のジップラインと2つのアブセイリングステーションで構成されています。非の打ちどころのない安全記録があり、完全に安全を感じながら、家に帰りたくなくなる楽しい場所の一つです。

8.カオチチャンの仏像を見よう

カオチチャンまたはブッダマウンテンは、西洋人も言うように、世界最大のブッダの彫刻です。仏が刻まれた石灰岩の丘は、閉鎖される前は建設業界の活発な場所でした。1996年、タイ国王下50周年のお祝いの一環として、レーザーを使用して岩に彫刻をエッチングしました。

9. アネククサラサラで時間を遡る

元々は中国人とタイ人のカオチチャンとの友情の証に建てられた博物館で、300点以上の中国の芸術作品を展示しています。作品はほとんどが、仏教や道教を含むさまざまな神々や歴史上の人物の、真ちゅうと青銅の像です。2階は2つに分かれており、非常に大きな彫像があります。顕著なのは、さまざまな格闘ポーズの少林寺の僧侶です。ドレスメーカー、占い師、酒屋の像もあり、観光客はよく1バーツのコインを置いていきます。

10. Mum Aroiで昼食

漁村のナクルアには、Mum Aroiと呼ばれるとても楽しいレストランがあります。レストランは海のすぐそばにあり、色々な種類のシーフードを提供しています。ここで夕食を食べると、水面を眺めることができ、古い漁船が上下に揺れるのが見えます。外国人や地元の人々に人気で、夜はだいたい満員になります。一杯のワインと穏やかな海風でリラックスした夜を過ごせるMum Aroiは、住む場所がほとんどありません。

11.カオプラタムナックへの旅

サウスパタヤとジョムティエンの間で、森林に覆われた丘の上に座っているのは、ワットプラヤイとして知られる巨大な仏像です。仏像はパタヤが小さな漁村に過ぎなかった時代に起源があり、世界から遠く離れたパタヤでしたが、今やその存在に気づいたのです。丘の上からは、パタヤ市と湾のパノラマを眺めることができます。

12.パタヤ孤児院でのボランティア

ほぼ50年前に設立されたパタヤ孤児院は、恵まれない人々のために良い仕事を続けています。孤児院は、1970年代にレイ神父という司祭によって設立されました。子供の世話をすることができなくなった地もとの人が、レイ神父に預けたのです。間もなく人々の間でその事が広まり、孤児院が始まりました。元々子供たちは、ベトナム戦争中に米軍がその地域に住んでいたために生まれた子供たちでしたが、現在は、薬物乱用、貧困、HIV /エイズに苦しんでいる母親たちの子供たちです。孤児院で食事を後援することも、長時間ボランティアすることもできます。

13.ラーン島で一日を過ごす

パタヤから7キロ離れたところにラーン島があります。パタヤからボートは島に向けて1日数回出ています。新しい場所を探索したい観光客が沢山訪れています。島は小さい(長さ4 km、幅2 km)ですが、見るべきビーチが6箇所あり、各ビーチには独自の個性を持っています。何泊かしたいなら、島に様々なリゾートやホテルはありますが、すぐにいっぱいになります。

14.ティファニーのキャバレーが驚き

ティファニーのキャバレーは2000人以上の人々を毎晩のように楽しませており、30年以上も続いています。パフォーマンスは通常1時間続き、ショーは最初から最後まで盛り上がり、芸能人は、インド、韓国、タイなど、世界の色々な部分を代表するシーンを演じています。レディーボーイは皆、素晴らしい衣装を着て、本物の女性にしか見えないほど巧妙に演じています。あなたが期待するかもしれないショーの不品行さは、ショーが子供にも適していることを保証するために抑えられました。

15.パタヤエレファント ジャングルサンクチュアリ 

タイの主要な場所には、象を扱う観光スポットがあります。そのいくつかは、象に乗るのを提供するもののように、本当に残酷です。パタヤエレファント ジャングルサンクチュアリのような、倫理的な選択をしてください。 

16.レンキーでのごちそう

レンキーはパタヤにある中華料理店で、24時間営業です。シーフードと中華料理を提供する唯一のレストランです。長年にわたって設立され、外国人や中国の地元の人々に人気があります。レストランは繁華街チャイナタウンにあり、一年中メインメニューを提供しています。例外は、中国の旧正月には菜食主義にかわり、「ゴールデングッドラックヌードル」として知られる専門料理を提供しています。

17.パタヤパークで泳いだ後の食事

ビーチリゾートにあるパタヤパークは、パタヤで唯一のウォーターパークです。さまざまなウォータースライドや水路を楽しんで、一日を過ごすことができます。子供たちはもちろん、大人たちにも人気があり、サンベッドから降りる乗り物もあります。ウォーターパークで遊び終わったら、ドレスアップしてパタヤパークタワーに向かいましょう。タイで最も高い海辺の塔で、回転レストランです。55階からは、ジョムティエンベイやパタヤシティを一望することができます。

18.バンアンプルビーチでの日光浴

バンアンプルは静かな漁村で、豪華な砂浜とヤシの木がたくさんある美しいビーチがあります。ビーチは静かで、他のビーチの多くとは異なり、駐車場が十分にあります。漁港にあるさまざまなシーフードレストランでは、期待どおりの最もおいしく新鮮な魚を食べる事ができます。観光では、まだ多くの場所には追いついていないので、価格はかなり低いく混雑していません。

19.マイサイトーンでマンゴーもちを食べる

マンゴーもちはタイ全土で手に入れられ、観光客や地元の人々に大人気です。1つのアイテムだけを販売する所はほとんどありませんが、マイサイトーンは例外で、マンゴーもちはパタヤが最高だと言われています。暑く乾燥した季節にマンゴーが熟しますが、市場に隣接する小さな食料品店は、一年中熟したマンゴーのサプライヤーを見つけることができ、お客さんに安定して売る事ができるのです。

20.真実の聖地に時間をとろう

105メートルの高さで、最も複雑に刻まれたチーク材で作られている真実の聖地は、目を見張るような美しい光景です。想像のとおり、これは仏教寺院でなく、ビジネスオーナーが自分自身を振り返る場所として設計したものです。建物の内外に、信じられないほど詳細に彫られた彫刻があります。まだ進行中の作業であり、決して終わらないという人もいます。タイにはとても多くの美しい建物がありますが、この建物はリストの一番上に来るべきでしょう。

21.国際音楽祭で週末を過ごす

毎年3月にパタヤで毎年恒例の音楽祭が開催され、アジア各地のミュージシャンが3日間のイベントに参加するのです。これは、いくつかの段階にわたり設定されています。フェスティバルでは、イベント中は車が通行できないパタヤビーチロードに沿って設置されます。ヒップホップやロックなど、幅広い音楽を観賞する事ができます。地元のアーティストも国際的なアーティストも参加します。イベントは過去には無料で参加でき、同じ流れで継続していくことが期待されています。

22.セントラルフェスティバルまでに買い物

パタヤで最大かつ最も重要なショッピングの地は、セントラルフェスティバルと呼ばれ、tatを売る安い屋台は見つかりませんが、代わりに様々なデザイナーショップから選ぶことができます。アルマーニ、カルバンクライン、フレンチコネクションは、ここにある有名ブランドのほんの一部です。多くのフロアに分割され、何百ものテナントが入っているので、フロア間を移動しながら多くの時間を費やすことができます。ショッピングしすぎたら、10画面の映画館やボーリング場もあります。お腹がすきましたか?レストランは沢山あり、あらゆる料理があるので、すべての味に何かがあるのを確かめてください。

23.テキーラリーフでマルガリータに立ち寄る

パタヤにいるときに、メキシコレストランにはあまり興味を持たないかもしれませんが、太陽の下で長い一日を過ごした後など、マルガリータが欲しくなるかもしれません。テキーラリーフのマルガリータは街中で有名で、人々は「握手された」特選料理を求めて集まってきます。さまざまな種類とスタイルがあり、飲み物はグラス、ピッチャー、またはグランデグラスで注文できます。

24.ミニサイアムとミニヨーロッパでミニチュアを見る

パタヤ市外にあるのは、ミニサイアムとミニヨーロッパです。ここでは、庭を自由に歩き回って、タイやヨーロッパ各地の彫像を眺めたりします。しかしながら、彼らは今、自由の女神を持っているので、おそらく名前は変更するでしょう。彫像は1:25の縮尺で作られています。夕方はすべてライトアップされ、素晴らしい写真になります。

25.料理教室を受講する

タイでは独創的で本格的なタイ料理を食べたので、自宅でも作れるように習いたいかもしれませんね。タイの食材を販売するスーパーマーケットはどこにでもあるので、基本を学べば作れるでしょう。パタヤでは、グリーンカレーやパッドタイなどの伝統料理の作り方を紹介する多くの料理学校があります。通常、半日以上の時間帯なので、クラスで昼食や夕食を楽しんで作った後は、ドリンクと今作った料理でリラックスできます。