(123)456 7890 [email protected]

外国人のためのバンコクでの5つの簡単な仕事

タイでの生活と仕事に役立つヒント

 バンコクは活気に満ちた文化、エキサイティングな出来事、そして比較的低コストの素晴らしい都市です。実際、タイの首都バンコクは、世界で最も訪問された都市の1つです。しかし、2週間の休暇だけで十分でしょうか。お気に入りの休暇先を、自宅や職場に変えることは可能ですか?同じ質問をすると、それを知っている外国人が増えてきました。彼らの夢を現実に変えることが可能です。しかし「楽園」への片道チケットを予約する前に、観光で訪れるのと、そこに住む又は働くのでは違いがあるので、注意してください。食べ物と天気はまだ同じくらい楽しいでが、官僚主義、交通、そして生活ペースは、すべての人に適しているわけではありません。労働許可を取得する問題もかなりシビアです。それでもタイへの転居を考えている方、外国人にはどんな職種が可能かを知りたい方に、ここでは、平凡な生活を逃れてバンコクで仕事をするための、最も一般的な方法をご紹介します。

1.英語/外国語教師

 バンコクで働きたい外国人のナンバーワンの仕事は、教師です。機会は数多くあり、給与も多様です。大学で教育資格を取得した外国人の場合、報酬は母国と同等の給与パッケージになります。ただし、大半の仕事では、報酬がかなり控えめです。経験の浅い教師は、月額30,000〜40,000バーツの給与から始まります(これは、ほとんどの熟練したタイ人が得るものよりもはるかに高いです)。しかしバンコクで教えることは、給料以上のものがあるのです。外国人にタイ文化を実際に体験させ、個人レベルで人々と交流する機会を提供します。ビジネス英語のクラスは、通常、ビジネス慣行の経験が豊富な年長の教師が担当するものですが、一方、学校では通常、コミュニケーションをとる言語にかかわらず、若いネイティブスピーカーを採用したがります(これはほとんどの場合、英語を意味します)。男性の教師の人数は常に多いようですが、女性でも小学校や幼稚園は、常にあなたからの連絡を喜んでいます。

良い点:タイの人々は本質的にとても気楽で、教師はタイの生活様式を間近で見ることができます。社交的な人々にとって教育は、バンコクで最も楽しくやりがいのある仕事になり、信頼できる職業です。

 あまり良くない点:このタイプの仕事は精力的なペルソナを必要とし、内向的なタイプの人には適していません。又、昇進の機会はほとんどありません。日本語教師の仕事もありますが、未経験のオフィスワークが5万バーツスタートですが、経験がある日本語教師でも3万バーツスタートということもざらです。

2.ホテル産業

 ホテル業界は、外国人がバンコクで仕事をする方法として、教育に次いで2番目です。世界中に多くのシェフ、ミュージシャン、ゲストリレーションスタッフがいます。それに加えて、多くのホテルマネージャーが海外から集まり、ホスピタリティセクターでの地位を獲得しています。ホテルでの仕事は困難で、時間延長の可能性もありますが、報酬は素晴らしく、頑張れば昇進も期待できます。教師のように、給与はあなたの職務、教育、経験によって劇的に変ります。おもてなしの分野では、複数の言語を話す能力が高く評価されているため、‘こんにちは’から‘スパシーバ’を知っていれば、就職先を探す最初の場所がホテル業界になるかもしれません。

良い点:情熱を注いで仕事をすれば、キャリアを築くチャンスがあります。

あまり良くない点:最上級のホテルで働くことは、故郷で経験したのと同じプレッシャーと期待をもたらします。

仕事を探したい:バンコクでサービス業の仕事を探せるサイト「キャリアリンク」

3.スキューバダイビング・インストラクター

  一部の人々にとって、シャツとネクタイを着用することは、もはやオプションにはありません。新しい分野でより多くのアクションと冒険を探しているなら、スキューバダイビングのインストラクターとしての海中生活は、あなたにぴったりかもしれません。もちろん、まずダイビングインストラクターとしての資格を取得する必要があります。タイではいくつかの会社が営業していますが、最もよく知られているのはPADIです。少なくとも200,000バーツ(6,300米ドル)の費用で、完全にトレーニングするには、4か月かかります。ダイブマスターステータスに達したら、ダイブインストラクターを支援してお金を稼ぐことができます。ダイブインストラクターとして、あなたへの支払いは、グループコース料金の割合(通常15-20%)になります。6人が10,000バーツのコースを予約した場合、ダイブインストラクターは、4日間コースで、最大12,000バーツを稼ぐことができます。熱帯気候のおかげで、タイは素晴らしいダイビングスポットとして恵まれているのです。バンコクには、いくつかのダイビングショップがありますが、仕事の大半は、すべての沿岸地域に点在する海辺の町と、リゾートで行われています。

良い点:太陽、海、砂…もっと言う必要がありますか?

あまり良くない点:適度で季節的な給料です。

4.俳優/モデル

 過去数年間、バンコクはアジアの映画制作の主要なハブの1つになりました。低コストと近代的な設備の組み合わせのため、アメリカ、インド、ヨーロッパの制作会社はバンコクを映画撮影の理想的な場所と考えています。仕事の機会をタイの急成長中の映画産業と合わせて考えてみてください。才能ある俳優の展望を見ることができます。給与は、グループシーンの場合は、1日あたり2,000バーツ、メインキャラクターの場合は最大100,000バーツです。明らかに、優れているほど競争は激しくなります。俳優やモデルとして働くことに興味があるなら、あなたのクオリティの良い写真と、おそらくデモリールが必要になります。制作会社は通常、短期契約の雇用であることを頭に入れておきましょう。ほとんどの時間を、あなたは労働許可なしで過ごすことになります。一部の人々は夢を実現するために、この不安定な生活を受け入れます。他の人たちは、お金の不足と不確実なビザの取り決めを不安に思っています。

良い点:最も人気のあるクラブへの無料アクセス、ショービズの友人と一緒に町に行けます。

あまり良くない点:ごちそうか、欠乏のどちらかです。大きな仕事に就くと、数週間シャンパンを飲み、楽しい人生だと感じるでしょう。しかし不毛の呪文の間、家賃を支払うためにペニーを数えているかもしれません。又、セットでの経験は非常に面倒です。

5.自分で始める

  ITサービス会社であろうと専門のバーやレストランであろうと、バンコクであなた自身のビジネスを立ち上げる機会がたくさんあります。タイで自分のビジネスを始めることは、多くの外国人にはエキゾチックなおとぎ話です。しかし、あなたの経験が悪夢に変わるのを防ぐために、対処すべき官僚的な赤テープの地雷原と古い法律があるのです。最初に理解すべきことは、バンコクでビジネスを始めるには、非常に優れた法的代理人が必要だということです。タイの法律では、外国人はビジネスの最大49%しか所有できないと規定されているものの、最も安心できる情報ではありません。実際、これは克服できない問題ではありませんが、苦労して稼いだお金をだまされて取られないように、法的文書を準備する必要があります。ビザの状況は、殆どの人にとってかなり複雑です。半焼きの夢と計画に人生をかけるのは思いとどまって下さい。しっかり計画を立てずして、タイでの成功はありません。素晴らしいアイデア、明確なビジネスの計画、そして始めるのに十分なお金を持っているなら、バンコクでの設立は、世界のどこと同じくらい良いことです。

 良い点:莫大な利益を生む可能性はあります。

あまり良くない点:莫大な損失の可能性もあります。