(123)456 7890 [email protected]

ムエタイ

ムエタイの紹介

 タイのスポーツについて尋ねると、99%の人がボクシングやムエタイに反応します。近年、UFCなどの総合格闘技大会の人気は高まり、ムエタイを含む2、3の武道の人気が急上昇しています。ムエタイへの関心は、本場タイでも高まっていますが、外国人の開業者や信奉者の数も増え続けています。

ムエタイとは?

 ムエタイはファイターが立って戦うスポーツで、地面で戦うことは許可されません。ペースが速く、ボクシングとキックの両方を組み合わせています。タイでは、8本の手足の武道として知られ、これは相手を攻撃する8つの接点を指し、人体で過去の武器や戦闘を模写しているのです。拳は刀と短剣の代わりとなり、肘は砕く槌鉾を真似ています。足と膝が斧と杖になり、すねと前腕は、鎧と盾の役割を果たすように特訓し硬化され、相手の打撃をブロックします。実際にはパンチ、肘の打撃、キック、膝の打撃を組み合わせながら戦うもので、今日の最も爽快で流血を伴う戦闘スポーツの1つとなっています。

ムエタイの歴史

 ムエタイの起源は16世紀、シャムとビルマのコンバウン王朝との対立の時代にあります。ビルマによって伝説の戦士ナイカノトムが捕獲された後、彼は自由のために白兵戦の機会を与えられたのです。彼は自分の技量を使って試合に勝ち、解放されました。シャムに戻った彼はヒーローの歓迎を受け、彼の戦闘スタイルが人気を博し、シャムスタイルのボクシングになりました。これはすぐにシャムの国民的スポーツとなり、今日のムエタイの先駆者となったのです。タイでスポーツが成長し、ムエタイは村人の前でデモンストレーションされました。それからはタイ全土で開催されるお祭りの不可欠なものとなり、まもなく国民の観客スポーツになりました。

黄金時代

 19世紀、特にラーマ王5世(チュラロンコン)の支配下の時代は、傑出したタイ文化の黄金時代でした。ムエタイに特別な関心を持った王は、このスポーツを大いに奨励し、結果、タイ人の運動や娯楽や個人的な進歩にと成長発展してきたのです。この時代に多くのマスター達がトレーニングキャンプや学校を設立し、次世代のファイター達を訓練するようになってきました。キャンプはファイター達のもうひとつの実家とも言え、彼らはそのキャンプの名前を継いでいったことでしょう。

今日のムエタイ

 今日、ムエタイはタイの国民的スポーツです。タイではほぼ毎晩のように試合を催す競技場やスタジアムが沢山あります。有名なファイターはスーパースターとして扱われ、ハリウッドの有名人と同じくらい有名で高く評価されています。殆どのファイター達は低い社会経済グループ出身ですが、このスポーツは貧困から脱却し、経済のはしごを上る道を提供します。しかしながらムエタイは貧しいタイ人だけのスポーツではありません。プロのファイターの仲間入りはしないものの、上層部の多くの人々もまた興味を持ち、運動や自衛訓練の形として取り上げています。

 タイのガイドブックを見ると、殆どの人は首都を訪れた時のハイライトのひとつとして、バンコクでのムエタイの観戦で夜を過ごします。タイでムエタイの戦いに賭けることは合法で、殆どの大きな開催場で可能です。熱狂的な光景、ギャンブルエリアでの拳とキック、またはバーツとドルを使った爽快な夜を提供します。タイへの訪問の際は、試してみるべきです。

ムエタイを観戦するのに最適な場所は?

 タイ全土に数多くあるアリーナで観戦できますが、本場はバンコクのルンピニー・ボクシングスタジアムと、ラジャダムナーン・スタジアムです。これら2つの屋内アリーナは、最も権威と人気のある開催場です。

ムエタイはタイ人でなくてもできますか?

 はい、ムエタイはグローバルな武術に成長したので、多くの外国人開業者がいます。彼らの多くは、最高のコーチとファイターとでトレーニングできるタイに拠点を置いています。

タイでムエタイのトレーニングはどこでできますか?

 タイでは、タイ人以外のファイターを歓迎する多くのムエタイキャンプがあります。トレーニングのみのキャンプから、タイのファイターと生活し訓練できるフルボードのトレーニングスクールもあります。これらは集中的なキャンプとなっており、ムエタイを学ぶのには最適な方法です。彼らは個人のフィットネスと自信で、驚くほど術を高めてくれます。